おいしかった~!

200812041832000 きのう、病院のお友達と、夕飯restaurantを食べに行ってきました。そのお店は、住宅街にあり、知らなければ通りすぎてしまいそうな場所でした。いわゆる「隠れ家的な」・・・というお店です。材料にとてもこだわっていて、無農薬の野菜を使っていて、こだわりからオーナーさんは、野菜ソムリエの資格を取られてそうです。味付けも素材の味を大切にして、薄味でとてもおいしかったです。こういう食事を取っていたら病気にもならないかも~!実際、オーナーさん、42歳ということですが、化粧はしてないのですが(40過ぎでスッピンはすごいsmile)肌は、シミもなく、つやつやでした。なんでも、食生活は肉はあまり食べずに、御飯は雑穀米を食べているそうです。 写真はコース料理の一部です。

| | コメント (2)

作品1・2・3?

皆さ~ん、元気ですかup 水分補給、しっかりしましょうね~。ただし、透析患者さんは、控えめにね。wink  

 え~と、実家の母の具合ですが、「完全復活!」とまでは、言えませんが、家の事ができるまでになりました。でも、本人には「調子にのって、動きまわらないように・・・」と忠告はしてありますが・・・。注射と飲み薬で、よくあれだけ回復したと思います。・・・でも、整形にはまだまだ、お世話になるようです。

001 ところで、写真は毎年夏に作る、母手作りの「酒まんじゅう」です。今年は無理かな・・・・と思ったのですが、「母が作れそうだ・・・」というので、一緒に作りました。麹を発酵させて(天気が暑くないと発酵しない)、小麦粉とまぜて・・・まるめて、セイロで蒸かす。もちろん餡子も手作りです。どちらが、母がまるめたか?・・・は、解りますよね。左が母で、右は私です。皮がかたよってしまい、餡子が飛び出しそうです。まだまだ、修行が足りない・・・。この酒まんじゅうは、受け継がなければ・・・・と、思ってます。

002 そして、これは、私のアッセンデルフトの最近の作品です。メガネケースに、アルバム。右はコースターです。

Photo そして、そして・・・・これは、困った作品の後です。蜂が家主に無断で「家」を建築中でした。ある日、一匹の蜂が庭に出た私の目の前を通過しました。・・で行き先を見てたら、なんと植木の影になっている壁に「マイホーム」を作っていたのですshock。このままでは、いけない!と思った私は、棒を片手に、お留守になったところを見計らって、「解体」させて、もらいました。そしたら、なんと、中にはすでに卵からかえった、幼虫がいました。あ~、蜂さんごめんなさい・・・・でも、仕方ないですよね。

| | コメント (4)