« 2014年2月 | トップページ

ラッキーの事

多分、もうこのブログに遊びに来てくれている人は居ないと思いますが・・・、皆さんにご報告しないといけない事があります。 我が家の愛犬、ラッキーが今年の2月16日の大雪の朝、天国へと旅立ちました・・・。14歳と2ヶ月でした・・・。 あの熱中症から奇跡の復活をしてから約半年。新しい年を迎えることができて、安心していたのですが2月に入り急に食欲がなくなり、好きだったものも食べなくなりました。治療食を針の無い注射器で入れてあげたのですが・・・看病の甲斐も無くなく、逝ってしまいました。最後は、トイレに行きたいそぶりを見せたので、立ち上がるの手助けしてあげてオシッコをさせようと思った瞬間、力が抜けて倒れてしまいました。慌てて酸素をしてあげたりしたのですが、もう舌を出してしまって・・・もうだめだ!と感じました。呼吸も苦しそうで、引いてしまってました・・・。そして、私は「ラッキー、もう頑張らなくていいよ・・・」といったあと、ラッキーは息をひきとりました。

ラッキーは、子犬の時からヤンチャな子で、大変でした。でも、いつも笑わせてくれて、とても賢くて可愛い子でした。いまでも、あのまん丸な目で私達を見つめる顔が忘れられません。  先日、人間でいう49日が過ぎました。時間が過ぎてもラッキーの事を忘れることはできません。でも、いつまでもメソメソしている訳にはいかないので、前向きに生きて行きたいと思います。 去年あたりからあまり散歩も歩かなかったラッキーですが、今頃は野原を走り回っている事と思います。そして私達夫婦も、ラッキーの思い出とともに生きていきます。ラッキー今まで、ありがとう~!そして、皆様も遊びに来てくれてありがとうございました。 

| | コメント (3)

« 2014年2月 | トップページ